時々日記

アクセスカウンタ

zoom RSS BeagleBone Black版 Voyage MuBoxをVMware経由でインストールする

<<   作成日時 : 2016/05/01 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

BeagleBone Bkack用のVoyage MuBoxをSDカードにインストールし、なんとか動かすことが出来たので、メモ。
いつものように、色々なサイト様の記事にお世話になってます。

1. VMWareにArchLinuxをインストールする

VMwareにArch Linuxをインストールしてみた [GUI編]

2. Arch Linuxから、SDカードにVoyage Muboxにインストールする
Voyage MuBox on BeagleBone Black

なお、上記記事の一部は下記のように読み替えました。
# apt-get update

# pacman -Syu

# apt-get install curl dosfstools

# pacman -S curl dosfstools

また、スクリプトを動作させる際は、rootでログインしている必要があります。

インストールが終わったら、SDカードのマウントを解除し、BeagleBone Blackに挿して起動します。

画像


3.アップデート
sshでrootにてログイン後、
# remountrw

# apt-get install aptitude

# aptitude update

# aptitude upgrade

を実行すると、アップデートできます。ただし、不要なパッケージもインストールされるので、嫌な人は実行しないほうが良いかと思います。
mpdのバージョンが上がるのを期待したのですたが、上がりませんでした。

なぜ今更MuBoxをインストールしたかというと、CantataというクライアントでSoundCloudがストリーミング出来ると書いてあったので試してみたかったんですね。残念ながら、まだSoundCloudの曲は再生出来てません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BeagleBone Black版 Voyage MuBoxをVMware経由でインストールする 時々日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる